赤ちゃん 痒がる 原因

赤ちゃんが痒がる原因

赤ちゃんは痒がる一般的な原因は3つあげられます。

 

  1. 乳児性湿疹・脂漏性湿疹
  2. 肌の乾燥
  3. おむつかぶれ

 

よくあるのが乳児湿疹で、これは、乳児期に見られる湿疹の総称なのですが、その症状は、顔に赤いポツポツが出たり、頭に湿疹が出ます。かかりやすい年齢は、2〜3週間ごろから2カ月ぐらいで、赤くポツポツした湿疹が、ジュクジュク、カサカサになって、赤ちゃんが痒がることがよくあります。

 

脂漏性湿疹は、1〜6カ月の赤ちゃんによく見られる症状で、頭や額などに、ふけ状の固まりができます。新陳代謝が盛んな赤ちゃんは、皮脂が固まって湿疹ができやすく、皮脂の分泌が多い頭や額などに湿疹ができるのです。時間と共によくなっていき、黄色いかさぶた状に変化します。

 

私も赤ちゃんが顔などかかないように手袋をしたり、爪を小まめに切ったりとケアにはかなり手をかけていました。でも、薬用の入浴剤を使うことで徐々に軽減されました。肌の保湿効果というより、殺菌効果が良かったのかと思いますね。

 

 

そして2つ目の肌の乾燥とおむつかぶれはケアすることでかなり軽減できます。

 

肌の乾燥はお風呂上りにスキンシップも兼ねて専用のオールなどでマッサージしてあげるといいですね。おむつかぶれは、おむつで蒸れた皮膚に、おしっこや便の刺激が加わることで、赤くただれて痒みが生じます。

 

おむつかぶれ・あせも・アトピー対策⇒カミツレエキスの入浴剤
あかちゃんの入浴剤&スキンケア⇒みんなの肌潤糖

 

 

我が家の一押しは入浴剤です。
市販の入浴剤は体に良い成分が多く配合されていますが、悪い成分も同じくらい配合されています。赤ちゃんや子供に使う商品はオーガニックの商品がおススメです。

 

特に乳児湿疹・脂漏性湿疹・アレルギーと続いた長男は市販の入浴剤を受け付けなかったので、オーガニック商品を使っていました。中学生になった長男は、アレルギー体質ですが普通に生活しています。

 

時間のある時はマッサージもしましたが普段は、抗菌作用のある入浴剤を使ったことで楽にかゆみのケアが行えました。赤ちゃんもそうですが、子供は小学生の低学年くらいまで、冬になると痒がりますのでママも頑張り過ぎて疲れない方法を見つけるとかなり楽になります。

 

 

入浴剤を使うときのポイント

おススメは炎症を鎮め、保湿する効果が高いカモミールのエキス100%の入浴剤です。合成香料、合成着色料、鉱物油、合成保存料などの化学成分は一切使わずに、有効成分を引き出したカミツレエキスをボトルに詰めてありますので、アトピーの子でも乳幼児でも使えます。

 

肌トラブルのない時期は、入浴剤を少なめに入れますが、夏場の汗疹は出来る時期、乾燥する時期、おむつかぶれになったときなどトラブル時には気持ち大目に使いました。

 


アメリカの治安機密

赤ちゃんが痒がる原因は、乳児湿疹や病気など様々な原因があります。

Copyright (C) 2009 赤ちゃんのかゆみを止める方法模索中※ぐっすり寝ない赤ちゃん All Rights Reserved.

赤ちゃんが痒がる原因